電話占い師になるための素養・素質はどれくらい大事なの?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

素養や素質よりも、まず好きか嫌いかということが大事

結論から言ってしまえば、素養や素質はあまり気にすることはありません。一番大事なことは好きか嫌いかです。24時間、占いのことを考えていても飽きない人や、そういう生活を送れたらいいなと思っている人なら素養ありです。

もともと人間の職業や将来の目標というのは、それくらい漠然とした所から始まっています。はっきりとした素養・素質があって保証書を付けられた人は、俗に言う天才肌の人。前世から因縁を持って生まれてきた人です。世界中の人口のうち1%もいないと思います。

次にチェックしたいのは、これまでに自分以外の誰かを占ったことがあるかどうかです。占いの好きな人は、一時期に夢中になって友人などを占うことに必死になる時期があるものです。そうした経験の中で、「あなたの占い、当たるわね!」などと言われた経験はありますか。

電話占い師になれるかチェックポイント

  • 占いが好きか、それほどでもないか。
  • 1日中占いをして生活できたらいいなと思うことがあるか。
  • これまでに他人を占って「当たる」と言われたことがあるか。
  • 占い師になれたら幸せだと思えるか。

人を幸せに導こうとするカウンセリング力と占いのパワー

当たると人気の電話占いですが、自分でも何度かお願いをして、それがピタリと当たっていたら、電話占いのパワーを半分以上は信じてしまっても無理はありません。

実際に霊視や霊感ができ、そのうえ透視、過去視、遠隔透視、未来予知などができる電話占い師は大勢います。しかし占いの種を明かせばカウンセリングの延長上にある職業です。儲けることを考えれば商売と言っても良いでしょう。このようなスピリチュアルな能力や世界は、あとからでもいくらでも身につけることができます。

能力よりも大事なことは、人を幸せに導いてあげようという、苦しみや悩みを包み込んでしまうような包容力があるかです。それがカウンセリングの力であり、占いや電話占いで使う占術・カードなどは手段にすぎません。電話占いや電話占い師は相談者からは見えない存在なので、なおさらそのような波動を相手が感じ取れるような、やさしさと包容力が大事になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

SNSでもご購読できます。